ハッシュの管理と、動きを考える

最近ではjavascriptで動きを求められるサイトが増えてきたが、実際のところ、戻るボタンひとつですべてが0になってしまうのは、ユーザーの離脱にもつながる為に少し避けたい仕様ではあります。

で、その際に、#topなどでハッシュをURLにつけると、ページ遷移する事もなく、戻るボタンで位置の実装ができます。

なので、よくflashなどで用いられていた手法なのですが、実際にこれを使うとある部分でおかしな動きをしたりする事があります。

自分は少しハマったのですが、hashでmainって作る場合にはid=mainを要素につけておくとそこに移動してしまいます。

注意が必要です。

hashを使う時はmainpageなど、分かりやすい目印となる単語も含めて、ハッシュを移動をしましょう。

Next / Prev

前の記事:

次の記事:

Same Category

Page top↑