企画を考える。オモコロの殿堂入りを見て考える

オモコロの殿堂入りのところにはおもしろい企画の中でも特に面白かった企画が掲載されています。

殿堂入り

 

で、ちょっと勉強がてら、何が面白いのか?と言うのを考えてみようかと思います。

 

黒歴史+イラスト

web業界として割りと認知されている黒歴史は「あるあるネタ」
イラストや写真はあると、コンテンツが長くなるから、ついついブックマークとか対象になる。

 

悪口+アプリ+目覚まし

一見便利な目覚ましの情報にそれを使ったイタズラを紹介する事で、
アプリの魅力+αでおもしろさが伝わる

 

子供のイベント+大人

こういうコンテンツは見ている人が突っ込むので最後までボケ倒している

 

独身OL

ある意味、「負け犬」や「アラサー」など、人々が嘲笑の対象をフューチャー。

 

朝+飲む

自分が出来ない事。やってみたいけど、どうなるか分からない事の実証

 

やっかいもの+あるある

あるあるネタの周りの人にいるいるネタ

 

タバコの禁煙+デザイン

目的の為の手段を異質なものにする

 

と、本当はもっと検証しようと思ったのですが、面倒なこともあったので、このくらい。

 

まとめ

興味があるけど、できない・やらない。っていうのをしている事とあるあるネタで共感したい系に別れているのかもしれない。

 

上記のまとめたのに従って

■企画1

「秋葉系のオタクの人の特徴をイラストで書く」
イラストを見ながら「あるある!いるいる!」って言えそう

■企画2

「人気アプリインスタグラムを使うと、汚い○○の部屋がこんなに綺麗に」
ゴミ屋敷もアプリマジックでこのとおり。

■企画3

「クリスマスにサンタクロースの格好して・・・した」
あまりにもありがちだけど、多くの人が興味のある事。

■企画4

自分が思う「おじさん」「おばさん」の年齢と現在の年齢の相関図
結局は、自分がおじさんおばさんだと思う人が、自分が違うと思っているジェネレーションギャップを笑う。
最後に子供に聞いて20歳以上は「おじさん」とかでオチ

■企画5

空気が読めるヤツあるある
実際に空気が読めるヤツがどんな事をするのかのあるあるを出し合って、
空気の読めるヤツになろうっていう実益も兼ねたまとめ

■企画6

ダイエットをする為に、食欲を減らす為、主食を昆虫にする。

のような企画がいいのではないかと。

馬鹿にしたい願望をそそる為「アキバ系」「汚部屋」「おじさんおばさん」とか、あるあるネタをふんだんに取りそろえてみた。

 

そんな感じです。

  • written on 2012.11.21
  • category : others

Next / Prev

前の記事:

次の記事:

Same Category

Page top↑