ウェブサービスを考えるという勉強会に参加した

ウェブサービスを考えるという勉強会に参加した

アイディアを作る→新しい事は??

実はこれはすごい難し事で今多くあるサービスをマネてもいいんですよね。

例えば、facebookに「この機能があればいいのに!」がサービスとして成功する鍵になります。

実行力とスピードが一番大事

テーマとしては、「ずっと取り組めるテーマがいい」

痛み
解決方法
時期
市場
自分達がやる理由
ビジネスモデル
チーム

 

まず、痛み

何を解決するの?ってことは難しいよね。解決はしなくてもいいよね。

例えば、非モテSNSってあるけど、モテない人がモテるようにはならないけど、盛り上がっているよね

「世の中をちょっと良くすればいい」とのこと

 

解決方法には、もっと本質を捉える。

上の非モテSNSを取りげたので、結局は恋人がいなくても、楽しければいいんだよね。というか、恋人がいないっていうのの、本質に友達が少ないとか、他人との関わりが少ないっていう悩みが隠れていたんじゃないかな?

 

時期

これはいろいろあるけど、よくあったのが、震災の時期に盛り上がったけど、今は見向きもされないコンテンツあるよね。そういう事ですね。本当は継続されるコンテンツがあったらもっと良かったけどね。

 

市場規模

これは、多くの人が悩んでいる事には、お金をかけるよね。だけど、あまり悩んでないとお金かけないよね。

男性用化粧品とかって、需要ないよね。女性の化粧品の需要ってすごいよね。

受験生ってみんな経験しているけど、実際の層は18-19歳の限定した年代の子だけだよね。

 

自分達がやる理由

例えば既存のサービスではできない事とかだけど、簡単に言うと今のパソコンってメーカーの製品はしがらみなのか、よくわからないけど、最初からソフトいっぱい入ってて嫌だよね。しがらみのないとこから出たパソコンは自分の好きなソフトだけいれれるから便利だよね。

 

ビジネスとして

ユーザーに何かを提供するけど、ユーザーからは何を得るの?例えばお金?それとも情報?

そのお金の得る方法も広告収入?課金?EC?データ販売?

 

チーム

明確なリーダーは必要で、最初に出した悩みは強い人が一番このサービスを求めている。

  • written on 2012.11.19
  • category : others

Next / Prev

前の記事:

次の記事:

Same Category

Page top↑