array_mergeによる初期値の設定

array_mergeは多くの場合は、配列をくっつける役割を果たします。

array_merge($array1,$array2);

などで、2つの配列を結合したデータを作成します。

注意したい点は、

・同じ値への入力は上書き

・順番は前から詰めて配列

 

上記に関して、例えば連想配列で

$array1["a"]="A"
$array2["a"]="B"

と同じ値があれば結合したあものはBとして表示がされます。

また、

$array[1000] = 1;

のように配列の1000番目に要素があった場合にも、例えば、その間が空であればつめられて

$array[0]//$array[1000]で設定した値が出力される。

 

この性質をいかして、一定の要素を含んだ対象に

$Arr = array_merge(array('a' =>'A', 'b' => 'B' ),$array);

のように設定をすればaやbが$arrayに存在しなかった場合にも、初期値を設定したものを取得する事ができます。

  • written on 2012.10.31
  • category : php

Next / Prev

前の記事:

次の記事:

Same Category

Page top↑