PHP基礎のノート

ドットインストールで勉強をした中でメモしたノートです。

変数 / 定数

変数
$hello = "Hello World!";
//出力
echo $hello;
//型の詳細も表示
var_dump($hello);
// 定数(文字列 or 数字列)
define("MY_NAME", "s26");
echo MY_NAME;

“と’の違い

// " 変数とエスケープ文字を展開する
// ' しない
$hoge = "sample"
echo "hi! $hoge"//hi! sample;
echo 'hi! $hoge'//hi! $hoge;
echo "hello \n world";//"だと改行してくれる。

switch

switch ($word) {
    case "a"://$word == "a"
        break;
    case "b"://$word == "b"
        break;
    case "c"://$word == "c"
        break;
    default:
    break;
}

while

//条件に合わなければ最初の一回は実行されない
$i = 0;
while ($i < 10) {
echo $i;
$i++;
}

//最初の一回は実行される
do {
echo $i;
$i++;
} while ($i < 10);

forの中に使う関数

break;//ループを終了
continue;//スキップ

配列

$arr = array("a","b","c");
//出力方法
echo $arr[1];
//追加
$arr[] = "d";
//置換
$arr[1] = "b2";
//削除
unset($arr[2]);

連想配列

$en = array("first"=>1, "second"=>2);
echo $en["first"];

配列の中身をすべて表示する方法

foreach ($arr as $get) {
    echo $get;
}

foreach ($en as $name => $getvalue) {
    echo $name, $getvalue;
}

数学関数

ceil($num);
floor($num);
round($num);
pi();
mt_rand(1,100);//1~100までのランダム値

参照:http://jp2.php.net/manual/ja/ref.math.php

文字列の操作

// 長さを取得
strlen($s);

//該当文字が何文字目か(start:0)
strpos($s, "c");

//部分文字列
substr($s,  2);//2以降
substr($s,  2, 2);//2文字目から2文字
substr($s, -2, 2);//後ろから2文字目から2文字

//置換
str_replace("abc", "ABC", $s);

// str_replace
echo str_replace("abc", "ABC", $s);

参照:http://www.php.net/manual/ja/ref.strings.php

文字列の操作(日本語)

$s = "あいうえお";
// 長さを取得
mb_strlen($s);
//該当文字が何文字目か(start:0)
mb_strpos($s, "う");
//部分文字列
mb_substr($s, -2, 2);

textformatを使う

$s = "word";
$n = 10;
$p = 3.14;

//出力する 
printf("%s and %05d and $%.2f", $s,$n,  $p);

%s:文字列
%d:整数値
%5d:5桁の整数値(足りない部分はスペース)
%05d:5桁の整数値(足りない部分は0)
%f:少数値
%.2f:少数2桁までの少数値

//一度文字列にして出力する。
$result = sprintf("%s and %05d and $%.2f", $s,$n,  $p);
echo $result;

配列の関数

//長さ
count($array)
//並び替え
sort($array)
//対象が含まれているか(Boolean)
inarray("a",$array);
//配列に対象のワードをいれてつなぐ
implode("|",$array);
//文字列を対象の言語で配列に
explode("|",$string);

時間の関数

//Unixタイムスタンプ
time();
//h.m,s,m,d,yで設定値を出せる
mktime(10,9,10,3,10,25,2012)
//下記のような柔軟な対応もできる
strtotime("2012/10/25 10:9:10"));
strtotime("last Sunday");
strtotime("+2 day");
特定の形式で時間を表示する
echo date("Y-m-d H:i:s",strtotime("last Sunday"))

phpの基礎の内容のメモでした

  • written on 2012.10.25
  • category : php

Next / Prev

前の記事:

次の記事:

Same Category

Page top↑